お風呂修理

お風呂修理 蛇口からお湯がでない【大阪市住吉区】

大阪市住吉区苅田のお客様より、お風呂の蛇口からお湯が出なくなってしまったとのご依頼です。

蛇口はKVKのデッキタイプのサーモスタット水栓です・・・温度調整が真ん中についている、昔はよくあったタイプですね。今は左右にレバーが付いている物になるので、最近はあまり見かけなくはなりました。

お湯が出なくなったとの事なので、テストで出してみると設定温度よりかなり低いお湯が出てきます。この場合はサーモユニットの不具合か給湯器の不具合かのどちらかになるので、まずは洗面所の蛇口からお湯を出してみて確認します。きちんとお湯が出ればサーモユニットの不具合ですし、他の蛇口も同じようにお湯が出なければ給湯器の不具合となります。

洗面所の蛇口からお湯を出してみたところ、きちんと温かいお湯が出てくるので給湯器は問題なく、サーモユニットの不具合のようですね。吐水レバーも固くなっているのでいつ不具合が起きてもおかしくない状態です・・・使用年数をお聞きすると18年ほど経っているようなので今後の事を考えても蛇口を交換したほうが良いですね。

お客様に蛇口の交換をご提案させて頂き、お見積りを確認してもらったところ、ご依頼いただきましたので早速作業にかかります。

デッキタイプの蛇口の場合、まずは点検口を開けて水道管の接続がどうなっているのか確認します。蛇口への水道管の接続が直接の場合は加工が必要になるんですが、フレキ管で接続していればそのままの状態で交換ができます。

確認したところフレキ管を使っての接続になっていますので、そのまま交換できますね。

では蛇口を撤去していきます。このタイプの蛇口はモンキーレンチがあれば簡単に取り外し出来ます。稀に点検口の位置が悪く作業が困難な時もありますが、今回は蛇口のすぐ下側にあったので、問題なく撤去出来ました。

後は新しい蛇口の取り付けです・・・

蛇口は【LIXIL BF-WM646TSG】です。

取り付け後、通水し接続部などから水漏れが無いか確認し、問題なさそうなので点検口を閉じて作業終了となります。

ご依頼いただき有難うございました!!

ページトップ