屋外の修理

屋外の修理 下水詰まり【京都府向日市】

今回は京都府向日市上植野町のお客様より、トイレが詰まってしまったようだとのご依頼です。

到着後、お客様に状況を聞いてみると「昨日の夜に流れなくなったが、今朝使うと流れて、また流れなくなってしまった」との事です。 今流すと便器内に溜まってしまいますね。 まあ、状況から考えると下水詰まりの可能性が高い気がします。 ほかのブログでも書いたとは思いますが、下水が詰まってしまうと、排水管内に水が溜まって流れなくなってしまいますが、時間を置くと少しづつですが、水は引いていきます。 そうすると排水管内にスペースが出来るので、一度くらいは流れたりしますが、連続して使ったりすると、まだ水が引いてないのでスペースがなく流れなくなってしまいます。 なので、まずはトイレの排水マスを確認してみましょう。

小さい排水マスの蓋が空いているのが、トイレの排水マスのようです・・・中を確認するとこんな状態でした。

がっつり詰まっていますね・・・なぜこんなところで詰まってしまったんでしょうか? 塩ビ桝ですし、詰まりにくいはずなんですが・・・。

大きいほうの排水マスは溜めマスで生活雑排のトラップ桝になっていますが、確認するとこちらも酷い状態です。

油が溜まっているので、こちらもいつ流れなくなってもおかしくないですね・・・もしかすると、ここの溜まった油が溢れて流れていき、先程詰まっていた排水マスに溜まってしまい、今回の詰まりになったのかもしれませんね。

トイレ側も高圧洗浄での作業が必要になるので、このトラップ桝も一緒に洗浄していきましょう。

洗浄後の写真です。

洗浄後、排水テストを行い問題ないので作業終了となります。ご依頼いただき有難うございました!!

ページトップ