トイレ修理

トイレ修理 水漏れ【兵庫県川西市】

本日は兵庫県川西市のA様から『便器の中がチョロチョロ水漏れしている』とのトラブルがあり緊急出動致しました。

A様のご自宅に到着しトラブルの状況を確認していきます。よく起こるトイレの水漏れトラブルの一つです。

常に水漏れしている状態が続くので「水道料金も上がります」し「蛇口がポタポタ水漏れしている以上に水漏れしている可能性が非常に高い」

症状です。修理で直ることが可能ですので早めに水道屋さんに・・・対応エリアなら「スイドウリペア」にお気軽にご連絡下さい!

早速トイレタンクの中を調査開始!

INAXのトイレですね。

よく見るとトイレタンクの水位が高い「多いような」感じがします。

そしてタンク内で水が給水されている音が聞こえますし、

水が流動していることがタンクの中から見るとはっきり確認できますね。

ズームアップで水漏れを確認します。

サイフォン管「オーバーフロー管」の筒の先端部分を越えて水が流れていっています。

この流れた水が「便器のチョロチョロ糸を引くような水漏れ」という症状が目視で確認することができます。

Q:結局、どこが故障していて水漏れしているの?

A:主な原因は「ボールタップが故障」していて常に水を給水している状態で水漏れしております!

ボールタップの故障は目視で確認できましたが、排水弁のフロートゴム玉「フロートバルブ」の交換がなぜ必要なのか?

トイレタンクは構造上、トイレタンク内の水が減ると・・・

「①水を給水して水のバルブを閉めます」ボールタップが水を貯めて水を止めます。

簡単に言うと蛇口の構造と同じで「蛇口の水をだして止める」役割が「ボールタップ」です。

そして「②トイレタンクの水が減らないように排水弁が受け止める。」水漏れしないように。

という動作を毎回繰り返します。①②のどちらかが故障していればまったく機能しません。必ず水漏れを起こします。

今回のA様のトラブルの例でご説明すると、①の水を給水し水を閉める役割の「ボールタップ」だけの交換でトイレの水漏れ修理を終えると、

②の排水弁「フロートゴム玉」が原因で同じように「便器のチョロチョロ水漏れ」を起こす可能性が非常に高くなります。

「ボールタップ」を取外し、排水部の「フロートゴム玉」も撤去していきます。

ボールタップ SANEI「V56-5X-13」

フロートゴム玉 LIXIL 「TF-10R-L」

上記の部品を取り付けていきます。

最終チェックをして・・・

トイレタンクの水漏れ修理が完了です。

ご依頼誠に有難うございました!

作業時間約60分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出張費・お見積り無料・最短30分

スイドウリペア 

《 大阪本社 》 

大阪府守口市大枝南町18-11

《 京都支店 》

京都市中京区笹屋町436

《 愛知支店 》

愛知県名古屋市西区名駅2丁目34番17号1101

☎ 0120-030-786

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

対応エリア

関西エリア:大阪・京都・奈良・兵庫

東海エリア:愛知

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップ