トイレ修理

トイレ修理 つまり【愛知県名古屋市中区】

今回は愛知県名古屋市中区伊勢山のお客様より、トイレがつまったとの依頼内容になります。

現場に到着し確認すると便器内が排水で一杯になっており全然流れていかない感じです。

詰まったときの状況を聞いてみると「もしかするとトイレットペーパーの芯を流してしまったかもしれない」との事でした。なぜ、トイレットペーパーの芯を流してしまったのかは分かりませんが、お客様が言う「もしかすると・・・。」は、私の経験上、流してしまっている事が多いです。

異物を詰まらせたことで大変なことになってしまうかもしれないと思い、曖昧な言い方になってしまうお客様もいらっしゃるのではないでしょうか?・・・ただ、どんな可能性でもいいので最初に言っていただけると助かりますね。作業に入ってから「もしかして・・・」と言われる事もあるので、困ってしまいます。

異物を流してしまった場合、基本的に便器を外しての作業になります。無理にローポンプで作業してしまうと異物が移動し、排水管などで詰まってしまう事があります。排水管で異物が詰まってしまうと取り除くのが困難になる為、便器内で詰まっている段階で安全に取り除くのが大切になります。

今回の現場はマンションになりますし戸建てよりも排水管内に詰まってしまうと大変なことになってしまうので、可能性がある限り便器を外す方が良いと思います。

便器を外さずやってくれとおっしゃるお客様もいますが、排水管内で詰まった場合、何の責任も持てませんし、万が一、排水管内で詰まってしまうと作業費用もかなり掛かってくることもご説明させて頂きき、それでもかまわないとご了承して頂けるのであれば作業はさせて頂きますが、決してお勧めは出来ません。それだけ排水管内で詰まった場合、大変になってしまう事があるのです。

ですので、基本的には異物が取り除きやすい便器内で詰まっている段階で、外して取り除くようにしています。今回のお客様にも可能性があるのであれば外して確認するのがベストだとご説明させて頂いた所、ご了承して頂けましたので早速作業していきます。

便器を外して確認すると、ちょうど便器の出口付近にトイレットペーパーの芯が詰まっていました・・・やはり流してしまっていたようです。トイレを取り外して正解でした。 

詰まりの原因は除去できたので、トイレを元通りに設置します。

設置後、排水や水漏れの確認をし作業終了となります。

ご依頼いただきありがとうございました!!

ページトップ