トイレ修理

トイレ修理 つまり【大阪市生野区】

今回は大阪市生野区勝山南のお客様より、トイレが詰まってしまったとの依頼内容のご紹介となります。

トイレのつまりは殆ど簡単に改善します・・・つまりの大半がトイレットペーパーの使いすぎが多いからです。 

今のトイレは殆どは節水型で、昔のトイレのように大量に水は使いません。

節水になったことでは排水時に少し抵抗がかかるとすぐに詰まってしまいます。

節水になったことは良いのですが詰まりが多くなったのも事実ですね。 

昔より明らかに詰まりの依頼が多くなってきています。

ただ、メーカーさんもきちんと流れるように設計しているので、少し気を使って使用して頂くとかなり軽減は出来ると思います。

例えば、便の量が多い時やトイレットペーパーを多く使う方は別々に流すとかです。

小の時もトイレットペーパーを使ったら大で流す方が良いですね。

節水の意味は・・まあ。詰まらせない為です・

さて今回なのですが、どんな感じでしょうか?

ラバーカップで格闘した形跡がありますね・・・かなり頑張ってしてみたようですが改善しなかったようです。

ラバーカップは使い方が間違っている方が殆どですね。お客様がどうやっても抜けなかったとの事なので一度ご説明と共に実践していきたいと思います。

勿論通常の金額は頂きますが・・・。

詰まりは押すのではなく引くのが基本です。詰まっている所に無理に押し込んでしまうと排水が飛び散ってしまいますし詰まりを悪化させることもあるので、

基本は引くです。まずはラバーカップが浸かる位に便器に水を溜めます・・・排水口にラバーカップを当てゆっくり押し込んでいき、引き上げます。

これを何度が繰り返していき、改善しなければ軽く押し引きを繰り返していきます。通常の詰まりであれば、これでほぼ改善します。

さて実践していきます。

引く事2回・・・改善しました。 お客様もなぜという顔をされていますが・・・使い方です。。。

後は便器に合っている形状のラバーカップでないといけません。ここが一番難しいかもしれませんね。

形状が合っていないと空気が逃げてしまうので正しく使用したとしても改善しにくくなってしまいます。

後は慣れです・・・作業は感覚的なものもありますので・・・。因みに作業の写真は説明に夢中で取り忘れました。

では今回はこの辺で終わりたいと思います。

ご依頼いただきありがとうございました!!

ページトップ