トイレ修理

トイレ修理 詰まり【京都市左京区】

今回は京都市左京区鹿ケ谷桜谷町のお客様より、トイレが詰まり流れないとの依頼内容のご紹介です。

お客様に詰まったときの状況を聞いてみると「大きいほうの用を足して流したら流れていたんですけど、ボコボコ音がしておかしかったので、もう一度流してみたら流れなくなってしまった」のようです。

二回目に流したときに少し便器から溢れてしまったようですね・・・掃除した跡がありました。また溢れると困るのでゆっくり排水してみると溜まってゆっくり流れていくんですが、最後にボコボコ音がします。何か嫌な感じがしますね。

こういった症状の場合多いのが、異物を流してしまっている時や屋外で詰まっている時です。お客様に何か流してしまっていないか聞いてみたのですが、それは無いようでした。となれば屋外の可能性が高くなってくるので確認しに行きます。

トイレの排水マスを確認したのですが、特に異常はありません。何が原因なのでしょうか?とりあえずはトイレからローポンプで作業してみましょう。

作業してみると何か詰まっている感触はあるのですが、なかなか改善しません。通常の詰まりであれば、すぐに改善するのですが何が詰まっているんでしょうか?

何度か作業を繰り返したのですが、状況が変わらないので薬剤を入れてみます。しばらく時間を置き再度ローポンプで作業していくと一気に流れていきました。  改善したので詰まっていたのは便だと思いますが、なかなかの詰まり方でした。 もしかすると便秘気味だったのかもしれません。便秘気味の方の便は水分量が少なく水に浸かっていても形が崩れません。以前、どうしても改善せず、便器を外してみたのですが異物などもなく目視できる異常はありませんでした。ただ便器内に何か詰まっているのは確かなので、ローポンプやワイヤーなどを使い作業続けること2時間・・・出てきたのは野球ボール位ある便でした。

その便が出てきたときにはお客様もかなり驚かれていましたね。「こんな便、誰がしたんだろう」と・・・。

今回もそんな感じがしますね。便が固く少し大きかったのではないでしょうか? そのためになかなか抜けなかった感じがします。

まあ今回はそこまでの時間がかからず改善してくれたので良かったです。

ご依頼いただきありがとうございました!!

ページトップ