トイレ修理

トイレ修理 詰まり【京都市左京区】

今回は京都市左京区下鴨のお客様より、トイレにカイロを流してしまい詰まってしまったとのご依頼です。

トイレに異物を流してしまう事はよくあります・・・携帯、タオル、尿カップ、オムツ、尿パッドなどなど。 今までいろんなものを取り除いてきました。 基本的に異物を流してしまった場合は便器を取り外して、直接取り除くことになります。変に押し込んで流してしまうと、排水管内に留まってしまい取り除くのが困難になってしまうからです。なので今回も便器を外しての作業になると思います。

現場に着き、少し水を流してみたところ詰まっているのは間違いないようなので、お客様にもご説明し便器を外して取り除きます。通常は異物を流してしまった場合、便器と排水管を繋ぐフランジという部分に詰まっているか、便器の出口で詰まっている事が多いですが、今回はどうでしょうか?

タンクを外して便器も外していきます・・・便器を外すとすぐにフランジを確認できるのですが、ありませんね。便器の裏側の出口を確認してみましょう。

ありました・・・カイロです。この時期に何で使っているのかとも思いますが、腰が悪いみたいで温めるのに使っていたみたいです。 張るタイプのカイロもありますが、知らないうちに流してしまっているお客様も結構いらっしゃるので、気を付けて頂くほうが良いですね。まあ、今の時期に使う方はほとんどいないと思いますが、冬場お使いになる方は注意してください。

トイレを元通りに取り付け、排水テスト、水漏れの確認をし作業終了となります。

ご依頼頂き有難うございました!!

ページトップ