トイレ修理

トイレ修理 水漏れ【大阪市旭区】

今回は大阪市旭区太子橋のお客様より、トイレのパイプから水漏れしているとのご依頼です。

隅付タンクのトイレななんですが、止水栓辺りにビニールが巻かれていました。

ビニールと取り確認してみると、止水栓の上部から水が漏れています。水栓上部を交換すれば大丈夫でしょう・・・今まで特にトラブルは無かったようなんですが、30年以上お使いでトイレ自体も古くなっていたので、タンク内も点検していきます。

タンク内を確認してみると、ボールタップは水漏れしており、フロートもかなり劣化しています。タンクの中の水漏れは気付きにくいんですよね・・・漏水調査でご訪問した時、原因はトイレのタンクだったこともよくあります。水道代が上がってくるので、早く直す方が良いです。

お客様にも状況をご説明すると「それであればトイレの交換も考えていたんですが、できますか?」との事で、古くなってきていたので、何となくトイレの交換を考えていたようでした。勿論、トイレの交換もしています。お客様にご希望をお聞きすると、ロータンクのトイレに交換したいことと、床がタイルで冷たいとの事でクッションフロアーにしたいとの事でした。

それであれば床工事もして、排水管も今のトイレに合うように移設して便器交換するほうが良さそうですね。お見積りさせて頂き、内容もご説明したところ、ご依頼いただきましたので後日交換しました。

まずは既設のトイレを撤去し、排水管を施設していきます。

昔のトイレの排水管の位置はそれぞれの便器に合わせてバラバラでした。今のトイレは排水管の位置が奥の壁から200mmと決まっているので、排水管の位置が合いません。 そのためにリモデル便器があるのですが、便器内に塩ビ管を組み既設の排水管に取り付けれるようになっているのですが、詰まりやすいというデメリットがあります。簡単に言うと排水に曲がりが増えるのでその分流れが悪くなり詰まりやすいという事です。ただ、リモデル便器を使わなくするには排水管の移設が必要になるので、今回のような床工事が必要になりますが、詰まりづらくはなります。 いろんな状況はありますが、出来れば排水管を移設し、トイレを取り付けたほうが良いですね。

今回は交換ではタイルからクッションフロアーにする床工事もありましたので、排水管の移設もしました。同時に給水管の位置も移設し、タンクを取り外した所の汚れもありましたので、壁の一部をパネルで補修しました。

こんな感じに仕上がりました。

最後に水漏れなどの点検をし作業終了となります。お客様にも喜んで頂けたので良かったです。ご依頼いただき有難うございました!!

ページトップ