トイレ修理

トイレ修理 INAXカスカディーナ水漏れ【兵庫県伊丹市】

今回は兵庫県伊丹市寺本のお客様より、トイレ水漏れのご依頼です。ここのお宅は便器交換になったのですが、珍しいトイレが付いていたので、ご紹介したいと思います。トイレはこちらになります。

INAXのカスカディーナです。卵型のタンクが特徴的なトイレになるんですが、他にもいろいろ変わった所があるトイレなんです。通常、便器とタンクの固定はタンクについている密結ボルトに便器の裏側からナットで締め付け固定するのですが、このカスカディーナは便器は裏側からナットで固定するんではなく、便器の陶器内にナットが仕込まれているので、古くなると共回りしてしまったり、取り外した時にナットが外れてしまい、陶器内で遊んでしまう事があります。そうなってしまうと、元通りにタンクの取り付け(固定)が出来なくなってしまう厄介者です。 なのでタンクを外しての作業が必要な場合はお客様にもご説明し、最悪トイレの交換になることをご了承頂き作業することになります。

さて今回の水漏れの原因はINAX製でよくあるサイフォン管折れです・・・タンクを外さなくてはいけません。ただ、今回のお客様はトイレが古くなっていたので(使用年数30年位です。)交換も視野に入れられていた方でしたので、すぐにトイレを交換することには決まりました。

トイレを交換するにあたって、このトイレの特徴的なことがまた厄介になります。それは排水管の位置です。昔のトイレは排水管の位置がバラバラでした。通常、奥の壁から排水管の真ん中までの長さ(排水芯)が、大体300mm-550mmです。今のトイレは排水芯が200mmで、これは各メーカー一緒です。要は昔のトイレは排水管の位置が違うので、今のトイレが付かないんです。 そのためにリモデル便器というものがあります。リモデル便器とは便器内に排水芯を200mmに合わせる排水アジャスター(大体250mm-550mm対応)を取り付けることで、昔の排水管の位置のままでも取り付けできます。

さて、ここでカスカディーナなんですが、このトイレは120mmという排水芯になるので、通常のリモデル便器では対応できません。ただINAXさんが販売していたトイレになるので、INAX製のトイレであれば対応するフランジがあります。要はINAX製しか交換できないという事です。(床工事をし排水芯を移設すれば、他メーカーでも取り付けできます。)

今回のお客様も費用は抑えたいとの事でしたので、排水芯の移設はせずINAXのトイレに交換しました。

120芯専用の床フランジです。

INAXのアメージュZです。節水型になりフチレスの便器で汚れが付きにくくなっていますし、お掃除も楽になります。

カスカディーナは地域によってはよく見かけるトイレになるんですが、関西では少なく珍しいので今回ご紹介させて頂きました。 カスカディーナが付いているお宅の参考になれば幸いです。

それではこの辺で失礼します・・・。

ページトップ