お風呂修理

お風呂修理 水漏れ【大阪府交野市】

今回は大阪府交野市私部のお客様より、お風呂の蛇口が水漏れしているとの内容になります。

蛇口は30年以上使用している2ハンドルの蛇口なり、スパウト部分からポタポタと水漏れしている感じになります。今はサーモスタットの水栓が多くなっているので、2ハンドルの蛇口も珍しくなっていますね。

今回のようなポタポタ水漏れは皆さんもご存じの通りコマパッキンの劣化によるものなので、確認してみます。

まずは元栓で水を止めて水栓上部を外してきます。

パッキンは勿論劣化して使い物にはならない状態ですが、今回の一番の問題が本体側にあります。2ハンドルの蛇口で水漏れを起こすと強く締め付けることでとまったりしますよね?  短期間、そうしてもらうのは全然かまわないのですが、長期間になると本体側に負担が掛かりすぎて、傷んでしまいます。傷がついてしまったり変形してしまったり・・・・そうなってしまうとパッキンを交換しても水漏れが改善することが無いので、本体を交換するしか対応方法がありません。

今回のお客様にもいつ頃から水が止まりづらくなってきたか聞いてみると「だいぶ前からです・・・。」との事で、かなり長期にわたり水が止まりづらかったようです。

お客様に今回の状況と蛇口交換での対応になることをお伝えしたところ「やっぱりそうですか・・・・交換になるとは思っていました。」との事で、お客様も交換になるとは思っていたようですね。

交換するにあたってサーモスタット水栓にも交換することが出来るのですが、お客様が「2ハンドルのほうが使い慣れているので同じタイプの物がいい。」とのご希望ででしたので、2ハンドルの蛇口を取り付けしました。

取り付けした蛇口は【LIXIL BF-K651】です。取り付け後、水漏れの確認をし作業終了です。

今回は浴室の蛇口交換のご紹介でした。

ページトップ