トイレ修理

トイレ修理 詰まり【兵庫県尼崎市】

今回は兵庫県尼崎市武庫之荘のお客様より、トイレが詰まってしまったとの内容になります。

現場は介護施設の一室になり、詰まった状況が良くわからないみたいです。

便器内には大量の溶けたトイレットペーパーが漂っていて全然流れていかない様子です。介護職員の方がラバーカップを使い試したようなのですが、改善しなかったためご親族の方からご依頼いただきました。

高齢の方の場合は尿パッドなどを流していることも多いので、使っていないかご親族の方に聞いてみたところ、オムツを使っているようです。過去に流してしまったことは無いようですが、今回の詰まっている状況からしてみると、流してしまっている感じがしますね。

現場は3階の部屋になり、ローポンプなどの作業で無理に流してしまうと排水管で詰まってしまう恐れがあり、そうなってしまうと取り除くのがかなり困難になってしまいます。トイレに何か異物を流してしまった場合は、便器を取り外して直接取り除くのがベストですが、今回は流してしまったのかは定かではないです。

通常の詰まりの場合もあるので、軽くローポンプで作業してみたところ、異物が詰まっている感じがするので、無理をせず便器を外したほうが良さそうです。その事をお客様にもお伝えし、ご了承頂いたので早速便器を外して確認してみます。

便器内の排水をバケツに取り出し、便器を取り外すとフランジという部品にオムツが詰まっていました。

やはり流してしまっていたようです・・・ちょうど便器とフランジの間で詰まっていたようですね。まだ取り除くのが簡単なところで良かったです。変に便器内で詰まってしまっていると取り除くのが大変になってしまいます。

オムツを取り除き、便器を元に戻して排水の確認をします。

何度か排水の確認をしましたが、問題は無いようなので作業終了です。

今回はトイレつまり修理のご紹介でした。

ページトップ