お風呂修理

お風呂修理 混合水栓水漏れ【奈良県桜井市】

本日は奈良県桜井市浅古のK様からお風呂の『混合水栓の水漏れ』の修理依頼を受けご訪問致しました。

K様のご自宅に到着し水漏れの状況を確認していきます。KVK製の2ハンドル混合水栓が取付けられていました。

水・お湯のハンドルを閉めてもシャワーからの水漏れが止まらず、K様自ら混合水栓のパッキン(ケレップ)

を交換したが水漏れは直らなかったとのことでした。

蛇口の水漏れは・・・「パッキン交換で直る」・・・こともありません!

2ハンドルの場合、単水栓とほぼ同じ構造ですが、水・お湯のハンドルの開け閉めすることで水を出し水を止める

操作をします。パッキン(ケレップ)はスピンドル「水栓上部」と呼ばれる一番下に取付けられていてスピンドルが

経年劣化などにより錆びていたりきっちりと閉まらなくなれば水漏れは止まりません。

スピンドルを交換しても水漏れが直らない場合は混合水栓本体の劣化によるものになりますので本体を交換することになります。

水栓上部の「スピンドル」「ケレップ」「ハンドル」を交換しました。

水漏れも無くきっちり水が止まるようになりました。

混合水栓の水漏れ修理依頼なら、お気軽にご連絡下さい。

ご依頼誠に有難うございました!

ページトップ