キッチン修理

キッチン修理 排水詰まり【京都市伏見区】

今回は京都府京都市伏見区深草西浦町の店舗様より、洗い場の排水が詰まって流れないとの内容になります。

お客様に状況をお聞きすると、「洗い物をしていると下から排水が流れてくる」との事で、どうやら排水がオーバーフローしているようですね。一度、確認の為に水を流してみると床に水が流れてくるのですが、洗い場の下ではなく隣に設置してある製氷機の排水から溢れてきていました。

隣同士なので排水管が繋がっているのでしょう・・・その先で詰まりを起こしているので、製氷機の排水からオーバーフローしている感じですね。状況をお客様にお伝えすると、「以前も詰まったことがあり、高圧洗浄で直してもらったことがある。」との事でした。何度か同じように詰まっていたみたいです。

その時は調理場にある排水マスから洗浄したみたいなので、今回もその排水マスから洗浄していきたいと思います。

業務用の冷蔵庫の下にあるこの排水マスのようです・・・店舗先に洗浄機を設置し早速洗管作業していきます。

洗浄中に気付いたのですが、この排水マスはほぼ崩壊しています。排水マスのコンクリートがいたるところで崩れており排水マスから地面に水が流れ出しています。排水マスの周りの床下はかなり空洞化していますね・・・床を叩いてみるとかなり音が軽いです。まあ、かなり古いようなので耐用年数はとっくに過ぎている感じです。

とりあえずは、詰まっている状況を改善していきます。洗管ホースを入れていくと途中で入らなくなり何か違和感があるので洗い場側から洗浄することにしました。

排水ホースを抜き取り、この洗い場の排水管から洗浄していくと油の塊が大量に出てきて、しばらく作業すると通管し排水が流れるようになりました。

流れの確認の為、洗い場から水を流してきちんと流れてきているか排水マスで確認していると、流れてきている排水が排水管からではなく崩れていた排水マスの所から出てきています。凄いことになっていますね。

恐らく排水管が外れているか崩壊しているかなど、何かしら不具合が出ておりそこから排水が逃げていくので今回のようになっているのでしょう。洗浄中に感じた違和感はこれだったのかもしれません。

こうなってしまうと全体的な排水設備の工事が必要になってきますが、お客様にお伝えしたところ「少し考えてみる」との事でしたので、今回はここまでとなります。

使うたびに床下がどんどん空洞化し危険な状態になるので、早急に対応したほうが良いとの事だけお伝えしておきました。

今回は高圧洗浄作業のご紹介でした。

ページトップ