キッチン修理

キッチン修理 蛇口水漏れ【大阪市東淀川区】

今回は大阪市東淀川区小松のお客様より、台所の蛇口から水漏れしているとの依頼内容のご紹介です。

よく蛇口のご紹介時にワンホールや2ホールと書いていますが、これは単純に蛇口の取付穴の事です。で今回の蛇口は台付ワンホールのシングルレバー水栓です。

水漏れの状況なんですが蛇口の付け根辺りに水が貯まってしまうってことなんですが、これはレバー下部から漏れてきたものやスパウト付け根から漏れてきたものになります。

レバー下部からの水漏れはカートリッジの劣化で起こり、スパウトの付け根はOパッキンの劣化で起こります。蛇口の寿命はとっくに過ぎている感じの古さですが、お客様にお聞きすると「20年位使っている」との事なので、お勧めするのは蛇口の交換ですね。ここまで古くなってくると修理が出来ない箇所の不具合も出てきます。金属部に穴が空いてしまったりすることもまれにありますね。

使用年数を考えると今後起こる不具合はたくさんあるので修理するってことは正直あまり考えないです。蛇口に関していうと下手に修理したほうが高くついてしまう事もあるんです。変な不具合が出てくる前に交換するのが良いと思います。

お客様にご説明させて頂き、ご了承して頂いたので蛇口を交換していきます。

蛇口撤去・・・取付穴が一つなのでワンホールです・

完成です。【LIXIL SF-WM420SYX】です。止水栓も固着し動かなくなっていたので、使えるように水栓上部のみ交換しておきました。通水後、いつも通り接続部などの水漏れを確認すれば作業終了となります。

ご依頼いただきありがとうございました!!

ページトップ