屋外の修理

屋外の修理 下水詰まり【大阪府門真市】排水マス交換工事

今回は以前、下水詰まりでご訪問した大阪府門真市島頭のお客様なのですが、詰まった原因が浄化槽手前の排水マスなのですが、昔のコンクリート桝だったので劣化し排水マスと排水管の接続部で穴が空いてしまっていた事でした。

穴が空いてしまうと汚物は詰まりますし、排水もマスの外に流れ出してしまうので、排水マスの周りが空洞化し危険な状態になってしまいます。 コンクリート桝は重量もかなりあるので、空洞化してくると重みで排水マスが下がり、排水管の勾配が狂ってしまったりと色んな不具合が出てしまいます。 勾配が狂ってしまうと排水管自体のやり替えも必要になってしまい、大事になってしまいます。 勾配が狂ってしまう前に対応することで排水マスのみの交換で済みますので、排水マスの交換のお見積りをさせて頂き、後日ご依頼いただきましたので交換工事をさせて頂きました。

まずは既設のコンクリート桝を撤去していきます。

新しい塩ビの小口径マスを設置し、排水管と接続します。

後は埋め戻していきセメントを打設していきます。

完成です。塩ビ桝にすることで軽量化も出来ますし、耐久性、耐震性もあります。 排水管とも接着接合できるので、隙間などが出来ることが無く、排水マスから外へ流れ出すこともないです。

一度排水テストをし問題ないので作業終了となります。ご依頼いただき有難うございました!!

ページトップ