屋外の修理

屋外の修理 排水マス・排水管工事【京都市山科区】

今回は京都府京都市山科区竹鼻立原町の排水マス・排水管の取替工事のご紹介です。ここのお客様は下水の詰まりでご訪問させて頂き作業させて頂いたお宅なのですが、その時に排水管に違和感があり調査した結果、破損している箇所があったので工事することになりました。その破損部が考えもつかなかった状態でしたので、ご紹介したいと思います。

手前の排水マスが最終マスで、奥の右側が生活雑排の溜めマスと左側が汚水桝です。途中で合流しているのですが、その場所には排水マスは設置されていません。詰まりを起こしていたのは最終マスの手前辺りです。なので溜めマスに汚水が逆流していました。

今回は最終マスまでの排水管と排水マスの交換になります。

まずは斫って掘り返していったのですが、破損していた部分を確認すると信じられないことが起こっていました。

なんという事でしょう・・途中で排水管が接続されていません。破損していたわけではなく接続がされていなかったんです。

今まで排水の工事したことが無いようなので、初めからこの状態のようです・・・今までよく流れていたもんですね。この状態であればいつ詰まってもおかしくは無いです。長年この仕事をしていますが初めてのケースです。なぜ今まで不具合なく使えていたのかなんですが、たまたまとしか言いようがないですね。ただ、排水管の周りの土はかなり粘土質だったことが幸いしたのかもしれません。通常、排水が漏れると土に染み込み空洞化して来たり、排水管内に土が入り込み詰まってしまったり色んな不具合が起きますが、粘土質だったのでそれが無かった感じです。実際、掘り返した時も空洞化している事は無かったですね。

原因ははっきりしたのでしっかりやり直していきます。

雨水の配管がなかなか邪魔でしたが、今度は合流マスも設置しました。先ほどの排水管もしっかり接続しています。すべての接続、設置が終われば埋め戻して左官していきます。

最後に排水テストを行い問題ないので工事終了となります。ご依頼いただき有難うございました!!

ページトップ