トイレ修理

トイレ修理 詰まり【愛知県名古屋市天白区】

今回は愛知県名古屋市天白区土原のお客様より、トイレが詰まって流れないとの内容になります。

トイレにはしっかりと使用禁止の張り紙が・・・大切なことだと思います。変に使ってしまうと排水が便器から溢れてしまい大変なことになるかもしれませんから。

詰まったときの状況をお客様に確認すると、「子供が大きいほうをしたときに詰まったようです。」みたいです。 トイレットペーパーを使い過ぎたのか、便の量が多かったのか、その辺が原因だとは思いますが、一応屋外の排水マスも確認しておきます。

屋外の排水マスには異常はなく、異物なども流していないようなので、ローポンプ作業で改善すると思います。今回のような便やトイレットペーパーが原因の詰まりはローポンプ作業で簡単に改善することが殆どです。ただ、便秘気味の方の便は固く水気が無いので詰まってしまうとなかなか改善しないこともありますね・・・どうしても抜けない場合は便器を外しての作業が必要になることもあります。

以前に2-3時間作業してやっと抜けたお宅や、改善しなかったお宅も実際はありますが、トイレつまりのほとんどがこのローポンプ作業で簡単に改善します。

今回も状況を考えると問題なく改善するでしょう・・・早速作業していきます。

はい・・・一発で抜けました。軽い詰まりだったようです。大体数回作業すれば通常の詰まりなら改善します。

改善後、トイレットペーパーを便器内に多めにいれ、流してみて排水の確認をします。便器内に何か残っていれば再度詰まってくれるので、確認するときは必ずトイレットペーパーを流すようにしています。

何度か排水の確認をしましたが、問題ないようなので作業終了となります。

今回はトイレの排水詰まり修理のご紹介でした。

ページトップ