トイレ修理

トイレ修理 タンク水漏れ【大阪府寝屋川市】

今回は大阪府寝屋川市萱島信和町のお客様より、トイレが流れっぱなしになって止まらないとの内容になります。

INAX製のトイレでタンクは【T-810】になります・・・便器内に水が流れっぱなしの状態です。お馴染みのトラブルのようですね。タンク内を確認してみます。

やはり、INAX製でお馴染みのサイフォン管折れです。タンク中央部の筒状の物が傾いているのが分かると思いますが、根元で折れてしまっています。他のメーカーの物はなかなか折れないのですが、昔のINAX製のサイフォン管は構造上の問題なのか、とにかく折れます。

このサイフォン管(オーバーフロー管)は、給水部のボールタップの不具合でタンク内に水が貯まりすぎたときにタンクから溢れない様、便器内に逃がす役割があります。そのサイフォン管が根元で折れてしまうとタンク内に水が貯まらないので、ボールタップが給水し続け流れっぱなしになってしまいます。

このサイフォン管を交換するには、タンクを外しての作業になります。お客様に今回の原因と対処法をお伝えしたところ「もう古くなっているので、修理ではなく便器の交換も考えているのですが・・・そちらはそういうこともされていますか?」との事で、勿論、水回りの事なら何でもしていますので便器交換もしています。

ご訪問させて頂いた時間も早かったので即日便器交換をさせて頂きました。

今回交換するにあたってウオシュレットはまだ新しかったので再利用し、便器とタンクのみ交換することになりました。

施工前

施工後

新しく取り付けしたのはINAXのアメージュZです。節水型で便器はフチレスです。INAXですが、今のサイフォン管は問題ないです!!

今回は便器交換のご紹介でした。

ページトップ