トイレ修理

トイレ修理 配管つまり【愛知県名古屋市北区】

本日は愛知県名古屋市北区如来町のS様より『トイレの配管のつまり』のご依頼を頂きご訪問致しました。

昨日の夜にトイレがつまり朝になれば直るだろうと思い放置していたが結局つまりは直らずとのこと。

思い当たる節としては、同居するご家族である御祖母様が紙おむつをトイレに流した可能性もあるかも

知れないとお聞きしました。戸建て住宅なので外の配管「汚水マス」も確認しましたが問題ありませんでした。

現段階では原因は断定できませんがローポンプでの作業見積りを作成しご承諾を得た上でトイレの修理作業を開始していきます。

ローポンプでの作業をしてもトイレのつまりが除去されることはありません。

便器の水の流れが良くなることもございません。便器に流してはいけない物が詰まっている

可能性がほぼ断定できる状態でしたので、トイレを外しての作業を開始していきます。

まずは止水栓の水を閉め、トイレタンクとウォシュレットを外します。

便器を外すと・・・

床フランジの中に「紙おむつ」と「便座シート」がトイレの配管につまっていました。

配管のつまりを除去し一旦便器を取付けバケツの水を流しながれるかどうか確認します。

・・・流れません。まだ便器の中がつまってます。目視では便器の中のつまりは確認

できませんでしたが「紙おむつ」や「尿取りパッド」と言えば「ゲル状」吸水性ポリマー

が水を吸い膨張してしまいます。便器の中にも残ってしまい取り出さなければトイレのつまりは改善しません。

便器を外に出しホースの水、ローポンプなどで圧力を掛け除去していきます。

トイレを復旧してトイレの水がスムーズに流れるか最終チェックします。

今回の作業時間は90分ほど掛かりました。無事にトイレのつまりが除去され修理が完了です。

ご依頼誠に有難うございました!

ページトップ