トイレ修理

トイレ修理 手洗い管から水出ない【大阪市鶴見区】

本日は大阪府大阪市鶴見区のA様より『トイレタンクの手洗い管から水が出ない』との不具合がありご訪問に致しました。

トイレタンクはTOTOのSHシリーズです。A様はGoogleの検索エンジンから「手洗い管から水出ない 大阪」で検索され

たまたま弊社のライブドアのブログ「水道修理 大阪・京都・奈良・兵庫の施工日誌 」にヒットしご依頼頂きました。

TOTOのSHシリーズでは10年経たずに起こる症状の一つです。でも冷静に考えるとトイレタンクの部品も車と同じように

定期的なメンテナンスが必要です。消耗品の一つである今回の劣化した部品は・・・・

①トイレタンクに水を給水、規定量になれば水を止めるボールタップの部品の一つである「ダイヤフラム」。

②トイレタンクの水を受け止める排水弁の部品の一つである「排水弁パッキン」。

①「ダイヤフラム」と②「排水弁パッキン」の部品交換することでTOTOのSHシリーズのトイレタンクの代表的な

トラブルの「手洗い管から水出ない」「トイレタンクに水が溜まらない」「トイレの水が出ない」「トイレタンクに水が溜まらない」

「トイレタンクからプシューと異音がする」などのトラブルが部品交換することでほとんどが解決致します。

メンテナンスのことを考えればTOTOのSHシリーズは部品交換のしやすが優秀ですね。

ごくまれに、給水フイルターユニットの目詰まりがありますが確率はかなり低いので、トイレタンクから水が出なくなった場合

ご自身でオレンジ色の部品「給水フイルターユニット」を外し元に戻したつまりが逆方向に取付けてしまい

トイレタンクから水が噴き出してしまう二次トラブルになることもございます。床が水浸しになってしまいますので要注意ですね。

修理を開始していきます。ダイヤフラムと排水弁パッキンを撤去し・・・

新しい部品「ダイヤフラム」「排水弁パッキン」に交換して作業が完了です。

TTOTOのSHシリーズのトイレタンクの水漏れトラブルなら・・・

お気軽に弊社「スイドウリペア」にご依頼下さい。

ご依頼誠に有難うございました!

ページトップ