トイレ修理

トイレ修理 水漏れ【大阪府松原市】

今回は大阪府松原市天美のお客様より、トイレが水漏れしているとの内容になります。

TOTOさんの隅付タンクのトイレで 、スペースが狭い時に取り付けるトイレです。症状は便器内への水漏れです。

便器内のチョロチョロ水漏れ・・・私たちは便チョロって呼んでます。トイレの水漏れ案件で一番多い症状です。何度もご紹介しているとは思いますが、原因はタンク内のボールタップやフロート弁の不具合で起こります。タンク内を確認してみましょう。

ブルーレットで溜まっている水が青くなってしますが、タンク内に入れるタイプはあまりお勧めできません・・・溶けたものがフロート弁に挟まって水漏れしたりとトラブルに元になっている事もあります。昔は節水の為にペットボトルを入れているお宅もたくさんありましたが、タンク内には何も入れない方が良いですね・・・トラブルの原因になるだけです。 

さて、今回の原因はボールタップですね。タンク内に筒状の物がありますが、サイフォン管(オーバーフロー管)と言います。このサイフォン管はボールタップの水漏れでタンク内に水が貯まりすぎた時、便器内に排水する目的で取り付けられています。 サイフォン管に黒い線が描いてありますが、通常はその線までで止まっていないといけないのですが、超えてサイフォン管の先端にまで達しているのが分かると思います。明らかに溜まりすぎですね・・・これはボールタップが水漏れしている証拠です。 溜まりすぎた水が便器内に排水されてしまうので便器内に水漏れしてしまうんです。

ボールタップが劣化している時には排水部のフロート弁も悪くなっていることが多いのですが、劣化していません・・・というかサイフォン管自体が新しいですね。

お客様に聞くと「以前悪くなったので交換してもらった。」との事です。フロート弁は心配ないようなので、ボールタップのみ交換していきます。

はい完成です・・・取って付けるだけになるのですぐに終わります。取り付け後、動作確認や水漏れの確認をし作業は終了となります。

ご依頼い頂きありがとうございました!!

ページトップ