トイレ修理

トイレ修理 タンク水漏れ【大阪府枚方市】ボールタップ

今回は大阪府枚方市池之宮のお客様より、トイレが水漏れしているとの内容になります。

トイレはこんな感じになります。

水漏れの状況をお客様に確認すると、いつも通りの便器内にチョロチョロ水漏れ・・・通称、便チョロです。毎度、同じような現場になるんですが、ご紹介していきます。たまには変わった案件などをご紹介したいのですが、最近あまりなく同じような案件内容になります。 まあ、いつも同じような作業をしているこの頃です。

ただ、よくある内容になるので皆さんにも起こる可能性が高い内容にはなります。 ネットで検索すればどこでも紹介している感じになるので、あれですけど・・・うちのブログにも沢山ありますね。

便器内に水漏れする原因は【給水部のボールタップ】か【排水部のフロート弁】の劣化が殆どです。INAXさんのタンクの場合は【サイフォン管折れ】も多いです。

ただ今回はお客様がタンク内を確認したようで、ボールタップが水漏れしている事は確認済みのようです。初めの写真で何か違和感ないですか? タンクの上蓋の辺りです。 気づきましたか? 黒いひもです。黒いひもが変な所から垂れていますね。

タンク内の写真を見てもらい説明します。

ボールタップには浮き輪が付いています。写真真ん中の物です。排水すると浮き輪が下がることで弁が開き給水します。水が溜まってくると浮き輪が上がってくるので、便が閉じてきます。ある一定の所に達すると弁が完全に閉じ水が止まる仕組みです。 

ボールタップが劣化してくると、一定の所に達しても水が出続けます。そうなると必要以上に水が溜まってしまいますので、サイフォン管から便器内に排水されるようになっています。 それで便チョロするんですね。

お客様はボールタップの水漏れに気付いて浮き輪を引っ張り上げ、ひもで固定し水が出ないようにしたんですね。その黒いひもが垂れてたんです。なので今回はボールタップの交換です。

完成です。。。取って付けるだけなのですぐです。フロートは確認しましたが問題はなさそうです。しっかり便チョロは改善しました。

ご依頼いただきありがとうございました!!

ページトップ