トイレ修理

トイレ修理 レバー空回りで水流れない【大阪府高槻市】

本日は大阪府高槻市のO様より『トイレタンクのレバーが空回りし水が流れない』との修理依頼を受けご訪問致しました。トイレの水が流せない原因はロータンクレバーが壊れた?このままではトイレが使えないので早速トラブルの原因を調査していきます。

トイレタンクの中を見ると・・・レバーに接続されているはずの排水弁である「フロートゴム玉」のチェーン(鎖)が外れていました。正確に言うとチェーンが切れて外れていた状態です。これではレバーを回しても排水弁と接続されていませんのでレバーの空回り状態になります。

取り外したフロートゴム玉です。経年劣化でゴムが溶けており真っ黒に溶けた跡が取扱説明書の紙についております。パッキンと同じで定期的な交換が必要な部分ですね。

新しいフロートゴム玉、LIXIL(INAX)の「TF-10R-L」を取り付けていきます。

ロータンクレバーとフロートゴム玉のチェーンを接続し動作確認をします。念の為サイフォン管から水漏れが無いかチェックします。INAXのトイレでは特に多いトラブルの一つなので・・・。水漏れは無かったことを確認しました。

最終チェックでトイレのレバーO様に回して水を流して頂きトイレタンクの修理が無事完了致しました。

トイレタンクの修理でお困りならスイドウリペアまでお気軽にご連絡下さい!ご依頼誠に有難うございました!

ページトップ