洗面所修理

洗面所修理 蛇口水漏れ【大阪府門真市】 

今回は大阪府門真市朝日町のお客様より、洗面所の蛇口水漏れのご依頼です。

蛇口はデッキタイプの2ハンドル水栓で、27年ほどご使用しているとの事です。

吐水口からポタポタとよくある水漏れですね・・・基本的にはコマパッキンの劣化が原因で起こる症状なんですが、30年近く使用しているとの事で、本体側にも劣化があるかもしれませんので、確認していきます。

コマパッキンや水栓上部は使い物にならないくらい劣化していますし、本体側も厳しいですね。パッキンを受ける箇所が金属疲労で変形してしまっています。これではパッキンを交換しても水は止まりませんので、蛇口交換になります。2ハンドルの蛇口はシングルレバー混合栓よりは作りが単純な分、寿命は長いですが、25~30年ほどで交換することが多いのでその辺りが寿命だと思います。

交換するのに止水栓部を確認したのですが、こちらもかなり劣化してしまっています。

止水栓も劣化していますが、排水パイプにも水漏れの跡があります。 30年近く使用しているので仕方ないんですが、全体的に劣化しています。洗面台を交換してもいいくらいですね。

お客様にも状況をご説明し、対応方法をご相談していきます。悪くなっている部分だけを交換するのか、洗面化粧台を交換するのか・・・・ご相談した結果、悪くなっている部分を交換することになりましたので、蛇口、止水栓、排水Sトラップを交換することになりました。

今回、排水のオーバーフローに関しては無くしています。取り外した後の穴はコーキングで塞ぎ防水している感じです。 最後に水漏れなどの確認をし作業終了となります。

ご依頼いただき有難うございました!!

ページトップ